治験コーディネーターへの転職 - 志望動機は明確ですか?

治験コーディネーター → 治験コーディネーターへの転職│成功のポイントは?

治験コーディネーターへの転職│成功のポイントは?

治験コーディネーターは人気がある職業で、資格を持っていなくても従事することができることから、転職希望者がかなり多いという実情があります。ですからこの職業に就きたいと思っている人は競争率が高いことを覚悟しておいた方がよいでしょう。
治験コーディネーターの治験終了後業務

SMO企業が求人広告を出すと、希望者が殺到することがあります。まず書類審査を経て面接に進むことになりますが、書類審査の段階で落とされてしまう人もいます。治験コーディネーターの求人に応募する際は、書類を書く段階から気を抜かず、細部にまで気を遣ってしっかりと仕上げましょう。

とくに未経験の方が治験コーディネーターに応募する場合は実際にこの仕事をやっていけるのか、しっかり検討する必要があります。薬剤師や看護師をしていた人なら治験と近いセクションで働いた経験があるかもしれません。

またそうでなかったとしても、これまでやってきた仕事が治験の仕事に役立つという認識があるのなら、それを把握しておくべきでしょう。もし自分で考えても分からない場合は、転職支援サービスを利用してコンサルタントに相談するのがおすすめです。

看護師や薬剤師専門の転職支援サービスなら、SMO企業がどんな人物を採用したいと思っているのか分かっているので、役に立つ情報を与えてくれるはずです。また履歴書における志望動機の書き方も重要です。この欄の書き方で、治験コーディネーターに本気でなりたいと思っているのか見抜かれてしまいますから。

一般的には「治験の仕事に興味がある」とか「スキルアップのため」と記入することが多いですが、あまりに漠然としていると採用担当者に熱意が伝わりません。多くの応募者が殺到する中で記憶に残るコメントを書かないと、書類審査を通過できないかもしれないのです。

治験コーディネーターの仕事内容を正確に理解して、これまでのキャリアがどんな点で役に立つのかを明確に示すことが大切です。これについても自分で考えた志望動機に自信を持てなければ、転職支援サービスからアドバイスを受けると良いでしょう。

看護師が仕事を探す場合

医療が必要な現場は病院だけではありません。また、看護師が働く場所としては、必ずしも病床がある、つまり、ベッドがある入院施設があるとは限りません。デイケア専門、検診センター、新薬研究所、クリニック、学校の保健の先生など他にもあります。

そのため、看護師が仕事を探す場合、自分で条件をピックアップし、入職先を探すことが可能なのです。まず大切なことは、希望する勤務体制、もしくは、収入の範囲を決めることかもしれません。

看護師は一般の職種よりも高いお給料を頂いていると言われています。ただ、全てがそうではなく、働く人が少ない時間帯なら自ずと時給換算すると高くなります。日勤だけを希望すれば高くない場合もあります。

一般の職種よりも高いと言われている理由では、国家資格を取得しているため手当がつくからです。さて、職探しの話になりますが、勤務体制と収入など2つの条件で絞ることである程度絞れてくるようになります。

家庭を持ち、お子さんがいらっしゃる間なら、日曜祝祭日がお休みで日勤のみ、または外来のみを希望するかもしれません。ただし、その場合妥協するものは「収入面」ということになります。収入面で探すなら、夜勤は覚悟となります。独身やお子様が成長した時にそれにあった職探しをされる方もいます。

細かな条件設定をしていても、どこかで妥協しなければならない。これは他の職種でも同じことですが、勤務体制に関しては看護師のように様々な選び方ができるのは特徴かもしれません。

例えば夜勤専属になる。OLやショップ店員ならそのような条件で職探しをすることはできません。看護師だからこそ、また、入院設備がある、救急医療機関という入職先がありますので実現するのです。他の職探しの方法としては、短時間勤務のパートにするのか、正職として雇用して欲しいのかというのもありますよね?

医療従事者は常に不足していると言われており、職業安定所でも職探しをすることも可能ですが、条件設定をして探しやすいのはインターネットのほうが楽なようです。